会社を設立しよう!あなたのチャレンジ応援します!
賃貸物件を不動産で探してみる

一人暮らしや、転勤、引越しなどにお世話になるのが賃貸物件を扱う不動産だと思います。 お店の前や窓ガラスにも物件がズラッと張り出され、気軽に探す事が可能です。 今現代では、賃貸物件を扱うサイトでも下調べが出来るので、じっくりと部屋探しができるメリットがあります。 ただ、サイトで探す際には、既に契約済みの物件が残っているときもあるので、何件か候補を立てておくと良いと思います。 また、大手会社か地域密着型の地元の不動産を選ぶかは好みもあると思うので、 自分と相性の良い方を選ぶと良いでしょう。 気になる物件が見つかった場合は、実際に部屋の中を見せてくれます。 設備が整っているか、周りの環境はどうか、また日当たりは良いのかなどは見てみないとわからないものです。 自分の目できちんと確認し、納得のいく物件をみつけましょう。

不動産賃貸契約における連帯保証人

不動産賃貸契約で必ず要求されるといっていいものが、連帯保証人です。 この連帯保証人は、通常の保証人とは違って、連帯保証を行う本人と全く同じ責任を負う者のことです。 家主がこの連帯保証人を要求する理由は、何よりも、賃貸した物件の賃料の不払いが生じた場合に、本人から取立てができない場合には、この連帯保証人から取り立てを行うことができるためです。 通常、不動産物件の賃貸契約の連帯保証人には親族がなりますが、親族が死亡していたり、既に年金生活者となっているような場合には連帯保証人となることができないために、最近ではこの方式のあり方が問題とされるようになってきています。

リンク