会社を設立しよう!あなたのチャレンジ応援します!
相続した不動産の名義変更を、司法書士に依頼する

相続した不動産の名義変更はご自身(相続人)でも可能です。その場合は当該物件を管轄している法務局へ足を運ぶことになりますが、いわずもがな、その手続きは煩雑です。  では、名義変更をしないで放っておくと考えると、なるほどその期限はないので安心かといえば決してそうではありません。なぜなら、ご自身の不動産なのに被相続人の名義、いわば他人名義というのはすわりが悪いし、ましてや、権利関係などを詰める際には思わぬトラブルに発展しかねません。よって、やはり司法書士に依頼をかけるべきとなります。  そこで、コツを一つ。  いわゆる司法書士の手数料は権利書の数で決まるので、まとめられるものなら、複数ある権利書はまとめてしまうとよいでしょう。

リンク

不動産総合事務所、任意売却、管財物件はサンプロフィット